いいものだけをオホーツクから!北海道オホーツクの地域ブランド商品を産地直送で
オホーツク酪農の理想を求め、トップを走ることをいとわなかった歴史が生み出す矜持
   ノースプレインファーム


 知床岬から宗谷岬へ、400qに及ぶ海岸線に沿って南から北へ連なるオホーツク地方。その位置する場所によって土地の景観は大きく変わります。ノースプレインファーム鰍フある興部(おこっぺ)町は宗谷岬まで160q。長い海岸線の中間よりも北にあり、緯度の高さと夏の海霧がもたらす低温は畑作の成り立ちを難しくし、町の景観は牧場と牧草地によって占められます。人口4000人に対して乳牛は12000頭。オホーツクを代表する酪農のメッカです。ノースプレインファームはこの興部町において、オホーツク酪農のあるべき姿を求め、常に新しい試みに挑み続けてきました。

オホーツク初の自家ミルクプラント建設に始まる挑戦の歴史

 「たくさんの乳牛が飼われ、牧場があるのに、どうして地元の人が地元の牛乳を飲めないのか」牧場の息子として育ち、牧場経営を継いだ大黒宏氏は、常日頃の疑問とうっ憤を振り払うように1988年(S63年)、オホーツク初の自家ミルクプラントの建設を成し遂げます。搾った牛乳の全量を大手乳業メーカーが買取り、大きな工場で処理加工することが当然であると考えていた農家や行政や法律をまえに、自家ミルクプラントを建設することは、大きな岩壁を素手でよじ登るような挑戦でした。

 しかし、この挑戦はオホーツク酪農の新機軸を打ち出し続けてきたノースプレインファームの原点になりました。低温殺菌牛乳「オホーツクおこっぺ牛乳」の販売に始まり、チーズやバター、ヨーグルトの製造販売、直営レストラン「ミルクホール」の開業、「エスぺリオ」や「ぎゅう舎」などの姉妹店の多店展開。2006年には「生キャラメル」を発表しその後の全国的ブームを作り出しました。自家プラントから生みだされるミルクを素材に次々と展開される酪農ビジネスは、今日言われる「6次産業化」そのものであり、その「最前衛」の取り組みであったといえるでしょう。

食の作り手の責任を果たすために、飼料から製品までの一貫した有機JAS認証を取得

 ノースプレインファームの取り組みは酪農ビジネスの「最前衛」ということにはとどまりません。食は命の源であり、食に携わる者はすべからく人の健康を阻害する行為を行ってはならないはずです。大黒社長は1988年の株式会社設立以後、1991年には「よい食品を作る会」に入会し、「何より安全、おいしい、ごまかしがない、適正な価格」という4つの原則と「良い原料、清潔な工場、優秀な技術、経営者の良心」の4つの条件を自らに課す食品づくりを続けます。
 
2001年には牧草地への化学肥料の投入をやめ、2013年には飼料の有機認証を取得、2014年には畜産物及び加工食品の有機認証を取得しました。これによって、飼料から生乳、乳製品までの一貫した有機認証を得る全国でも2例目、北海道では初の企業となりました。

 食の作り手の責任を全うしようとするノースプレインファームの取り組みは消費者や流通業者の中にもゆるぎない信頼を築いています。
2010年にはコープさっぽろ農業賞の大賞を受賞するなどその社会的評価はますます高まっています。
 有機飼料の認証  有機畜産物の認証  有機加工食品の認証

「チーズの町興部」の先駆けとしての自負、受賞歴がうらづける質の高いチーズ作り

 現在、興部町には5軒のチーズ工房があり、それぞれに個性的なチーズを提供しています。酪農のメッカ興部は今や「チーズの町興部」としてチーズファンの注目を集めています。しかし、「チーズの町」への発展はノースプレインファームの取り組みなしにはありえなかったのです。

 19991年。興部において、まだ誰もチーズを作っていない時にノースプレインファームはチーズ作りを開始します。チーズ作りを開始してからもう25年以上の歴史が刻まれました。その間、
2001年の第3回ALL JAPAN ナチュラルチーズコンテストで優秀賞を獲得したのを皮切りに、5回の優秀賞を受賞しています。先駆けとしての自負とともに、常にごまかしのない、質の高いチーズを作ろうと取り組んできたことの何よりの証です。
 さらには、ノースプレインファームでチーズを共に作り、学んでいった仲間たちが独立し、興部チーズの第二世代や第三世代が育ってきたのです。

 「興部チーズ」への期待はますます膨らみます。片方にオホーツク海があり、その海霧が夏の牧草地を覆い、海岸線からわずかな距離で小高い丘陵地帯が出現するという二つの異なった地理的気候的条件が興部のチーズを支えるテロワールです。このテロワールの中で「興部チーズ」という独自のカテゴリーを持ったチーズが生まれる日がきっと来るでしょう。

興部のチーズ職人たちがその日のために、共に学び合い競い合うことを願ってやみません。

                                     (興部町 ノースプレインファーム株式会社)


ゴーダチーズ

 ALL JAPAN ナチュラルチーズコンテストで5回にわたって優秀賞を受賞したノースプレインファームを代表するセミハードタイプのチーズ。
 原料である「オホーツクおこっぺ牛乳」のおいしさを味わっていただくために、食べやすく、飽きの来ない味に仕上げています。
 そのままはもちろん、トーストに合わせたり、様々な料理に合わせてチーズの美味しさを堪能ください
(有機生乳使用)
3か月以上熟成 
約100g 686円(税込み・送料別)
産者直送品・同一生産者内同梱可・クール便


※生産者直送のため、各生産者ごとに送料が発生致します。送料の詳細につきましてはこちらをご覧下さい。


スモークチーズ

 熟成されたゴーダチーズを桜のチップで燻したスモークチーズ。
 スモークされた香りがチーズの美味しさを一層引き立てています。
 酸味のあるカンパーニュなどのハードなパンとの相性は抜群です。
 ピザやフォンデュなど、加熱料理でもおいしく食べていただけます。
(有機生乳使用)
約100g 713円(税込み・送料別)
生産者直送品・同一生産者内同梱可・クール便


※生産者直送のため、各生産者ごとに送料が発生致します。送料の詳細につきましてはこちらをご覧下さい。


おこっぺハードチーズ

 ノースプレインファームの独自レシピによるハードチーズ。
 より深いコクと味わいを求めて1年以上熟成させています。チーズアイにみられる白い結晶は熟成の中でたんぱく質が旨み成分であるアミノ酸に変化したものです。
 パルミジャーノのように削って、サラダやパスタ、リゾット等との相性は抜群です。
(有機生乳使用)
約80g 832円(税込み・送料別)
生産者直送品・同一生産者内同梱可・クール便


※生産者直送のため、各生産者ごとに送料が発生致します。送料の詳細につきましてはこちらをご覧下さい。


■送料は「送料確定メール」でお知らせします。このメールのご返信により注文が確定します。

自動送信メールの配信後2営業日以内(自動送信メールの配信が土曜の夕方以降及び日曜の場合には月曜)にいいものオホーツクからの「送料確定&ご注文確認メール」が配信されます。このメールで送料をご案内いたします。「送料確定&ご注文確認メール」の内容をご承認いただきご返信いただくことにより、ご注文は初めて確定いたします。

■ 送料について

 いいものオホーツクの商品は全て地元での販売価格に基づいてご提供しております。「全国一律」等見せ掛けの送料を下げるために、商品価格を高く設定することは一切しておりません。従いまして、消費者の皆様には送料の実費負担をお願いいたします。
 いいものオホーツクの商品はギフト企画商品を除き、全て生産者直送によりお送りいたしますので、生産者ごとに送料が発生いたしますことをご了解下さい。
 
送料一覧をご覧下さい 

■ お支払方法

代金引換(ヤマト運輸)、コンビニ決済(前払)、クレジットカード払いがご利用になれます。
コンビニ決済の場合はご入金確認後に商品を発注致します。