いいものだけをオホーツクから!北海道オホーツクの地域ブランド商品を産地直送で


このチーズには、神に捧げるに値するものがある

 
チーズ工房アドナイ

チーズ工房アドナイ オホーツクのナチュラルチーズは1977年東藻琴村(現大空町)に開設された村営チーズ研究所を皮切りに、幾人かの酪農家による農家製チーズとして作られてきました。
 堤田克彦さんが、チーズ作りを開始したのは1994年。興部町の牛舎を買いうけ、チーズ工房を開きました。堤田さんは酪農家ではありません。生粋のチーズ職人です。

職人としての気概が生む特別なチーズ

 
堤田さんは自分のチーズ作りをあれこれと語りはしません。しかし、「酪農家だから美味しいチーズが作れるのではない、美味しいチーズを作ろうとする者の様々な経験と試みの中から美味しいチーズはできるのだ」といっているような気がしてなりません。
 堤田さんのチーズ作りはほとんど独学によるものです。長期熟成チーズを手がけ、ウォッシュタイプ、青カビタイプのチーズも作ります。出来上がったチーズはオホーツクや北海道という範疇を超えて、明らかに日本のチーズを代表する美味さといえます。日本だけではなく世界のチーズコンテストで評価されることも明らかでしょう。
 それにしても何故、堤田さんは表舞台に立とうとしないのでしょうか。堤田さんの口からは商業的意味合いの言葉は決して出てきません。そこには職人の気概があるのみです。「手作り」ということさえも言いません。

大事なことはできたチーズが美味しいかどうかだけ

 
「美味しいチーズができたという結果が大事なのであって、工程はどうだっていい」。「自分の作りたいチーズを作ったらお客さんがついただけ」。すべては自分のチーズを作るために、美味しいチーズを作るために。そして工房で作れる量には限りがあることも事実。堤田さんは「チーズは機械が作るのではない、人が作るものだ」と言い、そこにチーズの個性が生まれると言います。 アドナイ(ヘブライ語で神を意味する)という言葉。自分の工房に付けたこの言葉に堤田さんのチーズ職人としての心構えが見える気がします。職人の仕事とは、「神の御業を授かる準備をすること」なのだと。

チーズ工房アドナイのトム チーズ工房アドナイのスカモルツァ チーズ工房アドアイのエール
トム・ド・アドナイ トム・ド・アドナイ トム・ド・アドナイ
トムとは、「どこにでもある、ありきたりのチーズ」といった意味。チーズ作りの原点に近いだけに乳質と作り手の個性がよく現れる。圧搾タイプのハードチーズ

イタリア南部で、モッツアレラとともに作られる。紐につるし乾燥熟成させることでこんな形に。スモークが一般的で、焼くことで最高に美味しくなるチーズ。 8世紀にアルザス地方の修道士によって作り出されたマンステールタイプのチーズ。塩水のみで表面を荒い表皮を造りますが、中身はねっとりとクリーミィーです。

チーズ工房アドナイのセット
月のチーズクリームチーズセット

(トム約180g・スカモルツァ約220g・エール約180g)
3,240円(税込み・送料別) 
   
生産者直送・同梱不可・クール便  


※生産者直送のため、各生産者ごとに送料が発生致します。送料の詳細につきましてはこちらをご覧下さい。
 
  
■送料は「送料確定メール」でお知らせします。このメールのご返信により注文が確定します。

自動送信メールの配信後2営業日以内(自動送信メールの配信が土曜の夕方以降及び日曜の場合には月曜)にいいものオホーツクからの「送料確定&ご注文確認メール」が配信されます。このメールで送料をご案内いたします。「送料確定&ご注文確認メール」の内容をご承認いただきご返信いただくことにより、ご注文は初めて確定いたします。

■ 送料について

 いいものオホーツクの商品は全て地元での販売価格に基づいてご提供しております。「全国一律」等見せ掛けの送料を下げるために、商品価格を高く設定することは一切しておりません。従いまして、消費者の皆様には送料の実費負担をお願いいたします。
 いいものオホーツクの商品はギフト企画商品を除き、全て生産者直送によりお送りいたしますので、生産者ごとに送料が発生いたしますことをご了解下さい。
 
送料一覧をご覧下さい 

■ お支払方法

代金引換(ヤマト運輸)、コンビニ決済(前払)、クレジットカード払いがご利用になれます。
コンビニ決済の場合は払込票をご郵送致します。払込票によるご入金確認後商品を発送致します。